3dプリンターの選び方を知ろう|業務用の導入を考える

女性

最新機器の導入と選択

3Dプリンター

業務用機器の選定

技術的な進歩に伴い3dプリンターを導入するコストが大幅に削減されるようになりました。その結果、多くの企業が製造工程に3dプリンターを使用し、各種工業製品やデザイン構築に活用しています。この3dプリンターの選び方としては出力方式が重視されていますが、その他にも様々な点に配慮して適切な機器を導入する必要があります。やはり、家庭用の機器とは異なり業務用3dプリンターは高性能であることが要求されます。その為、自社のニーズを満たす機器を選出しなければなりません。3dプリンターの選び方としては耐久性を重視する事が求められます。業務用は一般普及している機器よりも長時間使用する事が多く、この大きな負荷を掛けた状態でも正確に機能しなければなりません。その為、業務用としては性能と剛性を兼ね備えている事が肝心です。この基準を満たした3dプリンターの選び方が業務用の機器には重要なのです。そして、企業で活用する3dプリンターは自社の業務内容に合わせて仕様を変更する事も必要になります。これはより詳細な作業が必要とされるケースが出てくるためで、場合によっては素材も変化させ立体的な構造物を作る事が必要になるからです。その為、企業で導入する3dプリンターとしては拡張性があるものが理想とされています。この機器の選び方としては拡張性のある構造を用いた機器が必要で、3dプリンターの基本構造とされる光線や使用する素材などを確認した上で選択する事がポイントです。

インキ

色を美しく再現

コニカミノルタの複合機・複写機は、デジタルトナーの採用により、文字や写真のより高い再現性が可能になりました。これはデジタルトナーが、均一で粒子が細かいからです。またオイルレスにより、テカリを抑え、ペンによる書き込みやメンテナンスのしやすくなりました。また色あせない美しい色合いも特徴となっています。

ウーマン

通話環境を整える

インターネット回線を使って通話が出来る環境を整えられるIPフォンは、従来の電話回線と比較して、インターネット回線とまとめられるという利点があります。ビジネスでは、電話の台数が多いほど営業活動がしやすいですのでIPフォンは重宝します。

インク

プリンターの印刷器具

京セラで販売しているプリンターや複合機には、専用のトナーもあります。これらのトナーはそれぞれブラックとシアンとマゼンダとイエローの四色に分かれて販売されているので、必要なものだけ購入して使用できるのがメリットです。